2020/04/07 11:53

【オキナワGOチキンってなんだ?】

沖縄県民がよく食べるお肉といえば、みなさん豚肉を想像しますよね?
ソーキ(豚の骨つきあばら肉)やラフテー(豚の三枚肉)、テビチ(豚足)が有名なところで、国際通りの市場に行けば豚の顔の皮(チラガー)なんかも売ってたりします

ですが、沖縄県民は意外とチキンも大好き
ケンタッキーなんかは、クリスマスだけじゃなくお祝い事や、親戚の集まりなんかでも良く食べられたりします
オジーやオバーもケンタッキー好きな人は結構多かったりするので、県民のソウルフードといっても過言では無いかも?
これは、アメリカ統治時代の名残りであるかと思います。沖縄で有名なファストフード店【A&W】なんかもその一つ
まあ、そのアメリカ文化のおかげで長寿県No1から肥満率No1という変化も生まれたわけですが。。。

それはさておき、ケンタッキー以外にも沖縄でよく食べられるチキンがあります
その名も【ブエノチキン】
鶏一羽を使い、そのお腹の中にニンニクやタマネギをハーブやお酢などで味付けしたシーズニングをたっぷりと詰め込み、専用の機械でじっくりとローストした丸ごとチキン
沖縄県民なら一度は目にしたことがあると思います
県内各地にブエノチキンのお店が点在していて、地域の人達に愛されています
私の地元那覇市繁多川にも昔からブエノチキンがあり、その歴史は約30年近くになるそうです


現在はオーナーが変わり名前も【オキナワ GO チキン】として存続しています





店主の宮城さん 空手の達人でもあります「ブログも面白いのでぜひご一読ください」


そんな地元の味を全国の皆様にぜひ味わっていただきたい!
ということで、【沖縄ローカルトランク】と【オキナワGOチキン】でタッグを組み、全国へ美味しいチキンを発送致します。
他のブエノチキンはニンニクが多めですが、ここ【オキナワGOチキン】はタマネギ多めでパンチがありながらもさっぱりと召し上がって頂けます。
また鳥の部位によって、味の違いもあり(胸やもも)最後まで飽きずに食べれます
ぜひ一度沖縄発【オキナワGOチキン】をお試しあれ♪